ニュース   |    ブログ    |   よくある質問   |   お問い合わせ   |   ようこそ    

精油の植物化学

植物化学(薬学分野に限定した)はフィトケミカル(植物性化学物質)を研究対象とするものです―これらは植物由来の化学であり、しばしば植物や精油から発見された多くの二次代謝産物と言われてきました。

アロマセラピーは精油などの分離された植物成分のセラピー治療での使用を意味し、フィトセラピー(植物療法)分野として考えられるでしょう。

精油は共有結合した、主に水素、炭素、酸素で構成される化学物質の混合物です。精油の中にある最もシンプルな共有結合の分子は5個の炭素原子鎖ですが、しかし同様に、さらにより複雑な化学構造は以下を含み形成されます:

  • モノテルペン
  • セスキテルペン
  • アルコール
  • フェノール
  • アルデヒド
  • ケトン
  • エーテル
  • オキサイド
  • エステル
  • クマリン
  • ラクトン

全てのこれらの異なる化学物質はセラピー治療の利点の広範な多様性を表しており、これらの化学物質の知識と熟練したブレンディング(共に相互で作用)は、アロマ製品が個人や独自の目的の為に作られていることを示しているのです。