最新のアップデート

IFA会員地域会議 東京
IFA会員地域会議 東京
東京では、IFA会員を対象とした地域ミーティングを開催し、日…
続きを読む>
IFA研究試験 健康な成人におけるエッセンシャルオイルの香り、主観的ストレス、日中のコルチゾール分泌: 単盲検プラセボ対照クロスオーバー試験
IFA研究試験 健康な成人におけるエッセンシャルオイルの香り、主観的ストレス、日中のコルチゾール分泌: 単盲検プラセボ対照クロスオーバー試験
IFAはノーザンブリア大学を任命し、エッセンシャルオイルが人…
続きを読む>
IFA 、Professional Standards Authority(PSA)より認定登録
IFA 、Professional Standards Authority(PSA)より認定登録
International Federation of…
続きを読む>
IFAは、最前線のNHSキーワーカーにケアパッケージを寄付します
IFAは、最前線のNHSキーワーカーにケアパッケージを寄付します
コロナウイルスとの戦いの継続的なサポートでは、アロマセラピス…
続きを読む>

私たちについて

国際アロマセラピスト連盟(IFA)は資格授与団体として資格を与える、1985年に設立された、世界的なアロマセラピストの専門団体です。私たちは公共の利益のために設立された慈善団体です。その目的は、知識を発展させ、健康と福祉の保全に努め、アロマセラピーの実践と専門知識の教育、承認された施設にてカリキュラム内容の学習指導とトレーニング指導を行うことです。私たちは、公共の安全を保持するため、証拠に基づいた業務に従事する、世界各地で資格を与えられルールに則ったアロマセラピストの登録制度を提供しています。

IFAは英国の医療業界で成功したアロマセラピーの草分けであり、世界中で運営されているアロマセラピーに関しての自主監査機関です。私たちは公共を保護し独立して公正に、一貫して均しく統制することに専念しています。

詳細はこちら >

会員向けウェビナー講師陣

最新&今後の活動

「色と香りとアロマの東洋医学的アプローチについて」

2024年7月14日 午後7時(日本時間) 

ウェビナーのZoom詳細は会員エリアの掲示板でご確認いただけます。どうぞお楽しみください。

ひとの色彩と香りの嗜好性には実はある一定の関連した傾向があります。
例えば暖色系が好きな人は熱帯を想起させるようなフルーツや花の香りが
好きであったり、寒色系の好きな人は揮発性の高い香りが好きであったり
これらは芳香成分の分子がもつ結合エネルギーの高さと関係が深く
結合エネルギーが低い芳香成分ほど寒色系を好む人が好み
結合エネルギーが高い芳香成分ほど暖色系を好む人が好むという傾向があります。
これは、私のクリニックで患者様を対象に調査してきた精油と色彩の嗜好性の
アンケートを集計した結果から導き出したものになります。
そして、さらに私は色彩と東洋医学の独自の理論を構築しており、色彩を通じて
アロマに東洋医学理論を適応させることを可能にしました。
今回はその私の理論の基礎的な部分についてお話しさせていただきたいと思います。

Dr Haruta:DR HARUTA.png

近畿大学医学部卒業(平成元年)
医学博士(シナプス可塑性の研究:神経生理学)
芦屋こころとからだのクリニック院長

色彩心理医学研究所 所長
色彩を基軸に独自開発した統合医療理論をもとに

カラーホリスティックな医療を展開しています。

著書
「色に聞けば自分がわかる」 現代書林
「こころの地図」フレグランスジャーナル社

10月13日、神戸産業振興会館にて「Medical aroma-colorgy 講座+アロマの東洋医学的アプローチ」を行います。
詳細は追ってホームページ https://cocolo-karada.jp/ の講座の案内 より告知させていただきます。
また、春田博之のfbより随時、情報発信をいたしております。

IFA登録校