ニュース   |    ブログ    |   よくある質問   |   お問い合わせ   |   ようこそ    

IFA 、Professional Standards Authority(PSA)より認定登録
続きを読む>

IFAは、最前線のNHSキーワーカーにケアパッケージを寄付します
続きを読む>

アロマセラピー啓発週間「エッセンシャルオイルの抗ウイルス特性」2020年6月8日-14日
続きを読む>

エッセンシャルオイルガイドラインの適切な適用
続きを読む>

調査委員会による調査要約とケースヒストリの取得
続きを読む>

IFA、コロナウイルス発症と戦う中国にマスクを寄付
続きを読む>

IFAは2020年に卓越した35周年を迎えます
続きを読む>

2018年3月26日:IFA は世界記録のギネスブックを破る
続きを読む>

アロマセラピスト国際連盟”はアロマケア認定コースを改定し新たな名前で開講
続きを読む>

会員登録者のための新しい方針と手続き
続きを読む>

アロマセラピーをがん患者にどのように役立てるか における国際アロマセラピスト連盟 (IFA)の新ガイドライン

Posted by Lauren at 14:53 日時 2018/10/25

Share:


2015年、キャンサー・リサーチUKは英国内で見つかった* 55000強の新たな乳がんの症例のうち、78%は10年以上生存していると報告しまし。
アロマセラピー、そしてアロマセラピストはどのようにがんと診断された方々(男女共)の手助けができるでしょうか?

8人に1人の女性が生涯に乳がんに罹患すると予測されている今日、私たちの誰もが、がんと診断された患者、その家族、友人、隣人や同僚と携わります。そして多くがアロマセラピーで癒してあげたいけれど、何をすべきで何をするべきではないのかというところで不安になります。IFA(国際アロマセラピスト連盟)が発表した新ガイドラインでは、使用する精油や、診断されてから化学療法、放射線療法または手術を含む治療中、治療後の回復期間または緩和ケアを通して精油をどう用いるかを説明しています。

アロマセラピーの素晴らしいところは、幅広い用途で精油を使ってがんとその治療の副作用の緩和を助けられるかもしれないことです。―身体的のみならず、精神的そして感情的にも。

肌へのマッサージやアロマバスとしての使用、または特定の精油を含んだ蒸気を吸うだけでも吐き気と嘔吐の緩和を助けます。

詳細情報と新ガイドラインのコピーの入手についてはhttp://www.ifaroma.org/us/home/へ。

* https://www.cancerresearchuk.org/health-professional/cancer-statistics/statistics-by-cancer-type/breast-cancer