アロマセラピーの定量化

アロマセラピーは、補完代替医療(CAM)の最も一般的な1つです。 CAMに該当する分野の定義は、「健康を促進し、病気を和らげ、さまざまな病状を緩和する」ことであり、まさにアロマセラピーの実践が提供するものです。 アロマセラピーは、医師の診断後に、治療と並行して、従来の治療法ができない場合の補完療法でもあります。 すべてのCAMおよび代替治療法は、厳密な調査の対象となり、施術者の訓練、登録、および管理に関する厳格なガイドラインおよび方針と共に、その有効性の立証ある証明を提供しています。 アロマセラピーもその例外ではありません。

Quantifying Aromatherapy.jpg

IFAは、英国とウェールズのチャリティー委員会に認定された最初の、一番古い歴史を持つアロマセラピー組織です。アロマセラピーが、効果の証拠を評価するための枠組みの基礎を明らかにする、英国の業務指導モデルを満たし続けていることを意味します。 容認された証拠のモデルは、通常、無作為化された二重盲検試験であり、これは製薬組織が使用するのと同じモデルです。 アロマセラピーの利点のすべてを示すためにはより多くの研究が常に必要とされますが、The Lancet、BMJ(British Medical Journal)、RCCM(Complementary Medicine Research Council) 、Pubmed.gov、英国図書館に登録されているIFAのAromatherapy Timesなどの雑誌に掲載されています。

矛盾する、または一貫性がないエビデンスを評価する際には、矛盾する研究の独立性、規模、正確性を常に考慮する必要があります。 有効性に関する証拠、またそうでなければ、時間の経過とともに発展する可能性があり、新しい証拠が出ると常に継続的に更新されています。 例えば、有効性に関して証拠があり、相反する証拠が最小限であれば、それは有効であると考えられます。

下院の科学技術委員会は、補完的な保健分野における本格的な無作為化対照試験(RCT)のための資金提供はほとんどないことを1999年から2000年の報告書で述べています。この状況は 公衆によるCAMの普及が進んだ今日においても、残念ながら同様です。 英国における研究プロジェクトの実施に伴う費用のため、多くの研究は各国政府の支援を受けて海外で実施されています。ですが、現在英国では利用できません。 IFAは、アロマセラピーと子宮内膜症の研究プロジェクトとRoyal Masonic Hospitalでのリウマチ性関節炎リサーチ・トライアルに資金を提供し、実施してきました。

公的需要または、アロマセラピーへのアクセスを提供する多数のホスピス、癌病棟、緩和ケアセンターおよび精神保健慈善団体につながり、RCTs症例の歴史の欠如にもかかわらず、臨床検査と患者報告アウトカム測定(PROMS)はすべて、精神的健康、腰痛、癌および緩和ケアを伴うアロマセラピーの利点をすべて支持しています。 多くの人々は、現在主流のヘルスケアサービスを利用、または経験しているか、または人々がそのようなサービスを辞めたときに専門家によって推奨され、アロマセラピーを検討します。 認定されたアロマセラピストのIFA登録簿は、アルツハイマー病協会(Alzheimer's Society)、Cancer Research UK、地元のNHS病院、ホスピスなどの組織や慈善団体によって参照されています。

英語のNHSとウェールズのNHSの両方にサービスを提供する国立臨床研究所(NICE)も、補完的な医療に関する勧告を行っています。 例えば、最近更新されたガイドラインは、腰痛、坐骨神経痛および緩和ケアに取り組むために、他の分野と組み合わせてマッサージ療法を推奨しています。 アロマセラピーが、例えば緩和的な基準でのみ提供される場合、明らかに、この場合「代替」アプローチではなく、補完的なアプローチである。 アロマセラピーは、マッサージの適用の有無にかかわらず、他のCAM分野と併用することができ、このアプローチを推奨します。

政府は、国家職業基準(NOS)の開発にかなりの資金を投入しました。これは、個人が実践する上で安全で有能であるために知ることができ、理解できる最低限の実績基準を記述したものです。 それには、禁忌の表示、練習の範囲と限界、そして開業医に言及する場合が含まれます。 私たちの認定登録のリストにつながるIFAの専門ディプロマコースは、国家職業基準(NOS)、資格と信用フレームワーク(QCF)を取り入れ、アロマセラピーのコアカリキュラムの要件を上回る明確な目標と学習成果を持っています。

ジェネラル・メディカル・カウンシル(GMC)は、医師が認定レジスターで医師に患者を紹介するだけであることを確認しました。専門機関としての私たちの役割は、アロマセラピーで必要とされる教育的および専門的基準を監視し、人々が認定登録を通じて安全で有能な開業医にアクセスできるようにすることです。さらに、私たちは、公式の行動規範、倫理と実践、懲戒処分と苦情手続を通じて、メンバーが自分の行動に対して人々に説明責任を負うようにします。IFAはプロの規範の違反の申し立てについて調査し、規制上の医療ガイドラインに沿って懲戒処分を課します。いくつかの政府機関、雇用者およびクライアントは、開業医が十分に確立された補完療法管理団体のメンバーであることが重要です。 IFAは、専門的かつ経験豊富な専門家を派遣できる組織で多くの場所で評価されています。私たちの高い教育水準のために、IFA会員は医療保険会社によっても参照され、選出され免許料が免除されます。

我々はトレーニングや資格認定基準、そして規定する規則によって登録者に範囲を示します。我々の責任はアロマセラピストができることを明確にすることと、一般の人々が詳細な情報を得た上で選択ができるように、精油の利用やマッサージ、精油のその他の使い方や希釈の仕方についての範囲や限度を定義することです。例えば、アロマセラピストは診断をしないし、精油やアロマセラピー療法を医師、薬剤師が行うような医療行為としてはしません。アロマセラピストは内服用や経口用、直腸用の精油を処方したり勧めたりすることは範疇に入らないため行いません(薬剤や医療の専門職としての資格があり、その職務上精油を適切な手続きで使用でき、医療保険に含まれる場合を除きます)。アロマセラピーは医療モデルとしては実践されていません。アロマセラピストとしてできることの限界は、健康であることと幸福であることのサポートなので、精油について医療だと主張することはできません。

精油は美容療法から薬品の調合や療法、食品や家庭用品にも含まれるなど、様々な業種の垣根を越えて広範囲に使われています。アロマセラピストとしてのトレーニングの一つに、医療への紹介が必要な難しい全身の問題や状態、病気の徴候などの矛盾する状況で鑑別することが含まれます。患者や一般の人々が、アロマセラピストが治療や改善方法について専門的なトレーニングを受けていない症状を示した場合に、アロマセラピストは彼らに自分達のできることの説明と医師の診察や治療を受けることを助言しないといけません。アロマセラピストは健康と幸福を修復するために精油を使います;ストレスに関連した慢性的な不調を含み、ストレスによって引き起こされる緊張や体の不調もまた、この範疇に分類されます。健康と幸福をサポートする根拠(安全性と有効性のモデル)は質的、逸話的、現象的根拠を含めます。根拠は医学/薬学療法(安全性と有効性)としての精油の使用をサポートします:生物医学モデルは無作為化臨床試験などのより厳格な根拠を求めます。精油の使用を医学/薬学療法(安全性と有効性)としてサポートする根拠:生物医学モデル−無作為化臨床試験などのより厳格な根拠を求めます。

IFAの会員は、IFAリサーチライブラリを楽しむことができます。ここでは、簡単に参照できるよう研究をフィルタリングし、分類しています。 IFAは、アロマセラピーと精油療法の研究を積極的に普及・促進し、ケーススタディや研究指針を継続的に更新して審査し、会員の提出物に学術的な興味を持たせることができます。 会員エリアでは、学生や実務者に参考資料を提供し、研究論文で使用されている語彙や、独自の研究プロジェクトを開発する目的で結果を測定し解釈する方法を理解できるようにします。