ニュース   |    ブログ    |   よくある質問   |   お問い合わせ   |   ようこそ    

会員のボランティア活動

我々は会員たちがプロとしての職業経歴だけでなく、貴重な時間を費やして長年に渡り我々のプロジェクトに参加したり、自身のプロジェクトを立ち上げてきた会員たちを非常に誇りに思います。会員は海を越え東西南北の全世界に我々の精神を持って存在しています。英国での健康センターの総体的なボランティア活動は NHS(英国国民健康保険制度)でのアロマセラピーの開拓でした。我々のメンバーの努力なしでは今日のようなアロマセラピーの受け入れはなかったことでしょう。また IFAの過去、現在の全ての受託者が我々に代わって根強くボランティア活動を行ってきた努力が我々の組織の安定と成長を確実にしてきたとういう点に注目するのも重要です。

以下はメンバーの個々のチャリティー活動の例です このページは現在更新中です。

高橋志保氏による、『白馬国際トレイルラン』での取り組みをご覧ください。

【アロマボランティアブース出展】2018年9月9日第8回白馬国際トレイルラン

IFA認定セラピスト(日本代表) 髙橋 志保

国内屈指の大人気トレイルラン大会、『白馬国際トレイルラン』に今年もリカバリーケアのアロマブースを出展させて頂きました。このトレイルランの大会へのアロマブース出展は2015年から、今年で4回目になりました。

ボランティアとしてブース出展をするために大会本部の多大なるご理解とご協力はもちろんのこと、東京からマッサージベッドを持っていくのはなかなか難しいので、地元白馬の鍼灸院様やマッサージ店様などに無料でベッドレンタルのご協力を頂いています。(アロマブースご案内チラシを作成、ご協力店としてチラシ内に店舗名を掲載する形で、御礼とさせて頂いています)

アロマブーススタッフは、私が企業研修講師や専門学校講師でアロマセラピーを教えたことがきっかけで出会ったメンバーが毎年集結。現在は鍼灸師やマッサージ師等ボディワーカーとして働いている方たちばかりですが、なかなか普段『アロマセラピー』に携わることが出来ないので…と、この大会でのボランティア活動をとても楽しみにしているとの事。嬉しいことに、中には改めてアロマセラピーを学びたいとIFA認定校で勉強している方もいます。

「大会のおもてなし」の一つとしてのコンテンツとしてのアロマブースなので、白馬国際トレイルラン参加ランナーは無料。ゴール後に直接ブースに来て頂き、伏臥位で10分程度のフットトリートメントを行うという運営の形を取っています。

こちらのトレイルランの大会は女性の参加ランナーが多い事が特徴です。ブース出展を始めたころは圧倒的に女性の利用が多かったのですが、4回目の今年は男性のご利用者数が女性を上回りました。

残念ながら2018年の大会当日は終日大雨に見舞われ、トレイルランを楽しむにはコンディションとして最低でしたが、その分ランナーの皆様がボディケアの必要性を感じたのでしょうか?ご利用時のキャンセルも殆どなく、稼働ベッド数4台参加ランナー81名さまにアロマトリートメントを受けて頂きました。

今年は大会のスペシャルゲストでいらした鈴木大地スポーツ庁長官、J-WAVEの番組取材でいらした女優南沢奈央さんにもブースにお立ち寄り頂きました。

「とにかくアロマセラピーが好き!」「少しでも疲れを軽減させてあげたい!」という気持ち溢れるボランティアスタッフメンバーなので、ご利用者様の満足度も非常に高く、毎年楽しみにして下さっている参加者の方も増えてきました。

この大会を通して美容のためだけではないスポーツアロマの有効性を感じて頂けているのではないか、認知度が少しずつ上がってきているのではないかと考えています。

今年も貴重な経験な場と、素晴らしいご縁を頂きました。

アロマセラピーの裾野を少しでも広げることが出来ていれば、嬉しく思います。

白馬国際トレイルラン https://www.hakubatrail.jp/

藤本スーザン氏による津波被災者支援のための取り組みについて読む。

In September 2011, IFA therapists headed by Susan Fujimoto went to Otsuchi, Japan to bring much needed relief to those affected by the Tsunami. The Otsuchi NPO office was responsible for the coordination of residents at eleven different locations in makeshift houses. As therapy couches were not available, they improvised by using Japanese-style mattresses placed on the floor for Leg/Back/Arm/dry hand and head massages. Advice was given to people living in cramped conditions; leading sedentary life-styles, the possible physical problems that may arise from blood circulatory, lymphatic, immune and nervous disorders, and how to take preventative measures. In six days a total of 132 treatments were given with ages ranging from 26 to 92 rewarding for all concerned.

ベンゼル智子氏による信愛病院での取り組みについて読む。

During my recent visit to Japan I had the opportunity to see Shinai hospital where IFA post graduate therapists were working with cancer patients. The programme was introduced by Tomoko Bendzel to Dr Kuwana (head of hospital) who was very keen, to use aromatherapy within the hospital environment.

We have five therapists involved with the scheme Noriko Mogi, Sachiko Yashio, Mitsuro Kawashima, Yuko Kameyama and Emiko Saito all giving treatments on a weekly sessions basis. Continuity is essential for patients and some of the therapists have worked in the unit for over 2 years. As each floor of the hospital is associated with various illnesses Strokes, Alzheimer, Cancer and Palliative Care the therapist can gain experience dealing with a variety of diseases, and each can learn at their own pace, like a stepping stone process. A small room has been allocated to the therapists, and this enables them to network between lunch break and pass over information from one therapist to another.

Dr Kuwnana kindly let us visit the palliative care ward while our therapists were giving treatment. The atmosphere was very warm and caring and the ambience within the restrooms and lounge area was a pleasure to view. Our therapist were giving 20-30 minute sessions but extra time was given if the patient was anxious and needed further care.

We meet various patients, ages ranged from 45 to 81, men and women they were receiving hands, leg and feet massages. One lady knew about aromatherapy before being omitted into the hospital and loved the smell of Lavender and was really enjoying the treatment. Another gentleman was only having his legs massaged as injections had been recently given in his arms, his choice of oils were Lavender and Orange. An old lady aged 76 year who had liver cancer, had her son visiting and he said his mother’s face always looked in pain but when she had a treatment she looked so peaceful.

The volunteer programme was very well organised there were listening and reading volunteers, all were coming and going while we where present. Music therapy was used and the patients were regularly visited by hairdressers and having beauty treatments, manicure and pedicure, showing complete client care.

To see such a well run aromatherapy care programme, put in place in Japan, by one of our schools was

inspirational , reminding us why we choose this profession. We do make a difference!!!!.

By Pauline Allen, IFA CEO

このページは現在更新中です。