ニュース   |    ブログ    |   よくある質問   |   お問い合わせ   |   ようこそ    

精油と新型コロナウイルスの関係
続きを読む>

呼吸器系の症状改善に効くレシピ
続きを読む>

エッセンシャルオイルとウイルスとの闘い
続きを読む>

ストレス解消のためのアロマセラピーの役割
続きを読む>

アロマセラピーによる痛みの緩和と高齢者のケア
続きを読む>

精油と老年
続きを読む>

認定資格について
続きを読む>

精油の歴史的な背景
続きを読む>

コリアンダーやショウガから発見された化合物は、放射線暴露(被ばく)による負の影響から身体を防護する助けとなる可能性があります。
続きを読む>

ハイドレイト、ハイドロラット、フローラルウォーター、 芳香蒸留水とハイドロソル ― 違いは何?
続きを読む>

アロマセラピーによる痛みの緩和と高齢者のケア

Posted by Lauren at 8:22 日時 2019/02/07

Share:


臨床アロマセラピスト、ハーバリスト、そしてNHC職員であるOona'o Haynesは高齢者の診療で、ホリスティックな痛みの緩和を提供しています。彼女はアロマセラピーでの訓練を利用して、穏やかにそして非侵襲的に高齢者や末期患者がしばしば直面する苦しみを和らげているのです。

食欲増進: 高齢者はたいてい食欲を失っています。その結果、栄養状態の悪化、皮膚の損傷そして最終的には死に至ります。従来の薬はしばしば副作用を伴い、効果が現れるまで一週間以上かかります。薬物は、その厳密な反応機構は理解されていないにもかかわらず、通常生産免許が与えられています。American Office of Technology Assessmentによれば、現在利用可能な治療の75%には十分な科学的調査が行われていないとのことです。流動食用チューブを挿入することは、患者の生活の質を下げ侵襲的なことです。アロマセラピーは、間接的な吸入/局所使用によって、患者の食欲を、それもしばしば24時間以内に促進させることに効果があることが実証されてきました。職員が監視する食事を通して、食物摂取量が、初日には0パーセントであったものが、3日目には25%になり、7日目から10日目には75%以上になることがわかりました。これらことは、有害な副作用を伴わない測定可能で効果的な結果であることを意味しています。

痛みの管理: アロマセラピーは、特に高齢者の痛みの管理に効果的に用いられています。ひどい痛み(尻、膝、あるいは背中の手術後にしばしば起こります)を味わっている患者は、毎日のリハビリに参加するのにも大変な思いをしています。昼夜の指定された時間に痛みの部位およびその近傍に直接塗布することで、痛みを感じることが明らかに減少して、快適感が増すのです。種々の催眠薬や鎮痛用貼り薬を用いる患者は、アロマセラピーによるトリートメントの後には、痛みが「いくぶん」和らぎ、全般的には「よくなった」と感じると話しています。それゆえ、患者はリハビリにより積極的に取り組むことができ、より早い回復が見られます。

アルツハイマー病患者: アロマセラピーの直接および間接吸入を行うと、不安、動揺そして「放浪」癖が減少しました。アロマセラピーの結果、よりリラックスし、ストレスが軽減した患者の生活の質が改善されました。患者は放浪することが少なくなり、職員が簡単に方向を正すことがより行いやすくなり、大きな怪我につながりかねない落下事故に見舞われることが少なくなりました。従来のアルツハイマー病の薬はしばしば、眠気などの副作用があります。

Registrants, please log into the IFA member’s area for patient data outcomes and research trials in palliative care and for members of the public please use one of the following tools found under ‘research’ to resource trials in palliative care.